ヤドリギとは

ヤドリギとはAbout Us

空間や物に人の想いを「宿す」ことであらたな価値を創造する

 宿り木が持つ「困難に打ち勝つ」という花言葉のように どんなに苦しい状況に置かれても、それを乗り越える ことができる知恵と行動力を兼ね備えた集団でいるという 想いを込めています。

 ヤドリギはみなさまの期待に沿えるよう全力で努力していく所存です。どうぞよろしくお願い致します。





ターゲット

ホテル運営事業
ますます拡大が見込まれる
訪日外国人旅行者


政府の観光立国推進基本計画では2020年の訪日外国人の誘致目標は4000万人。直近3年間の推移でも訪日外国人は2015年1973万人→2016年2403万人→2017年2869万人と順調に増加中。

観光庁の2017年10-12月の調査結果では、訪日外国人のうち「ひとり」旅行者は全体の2割程度であり、8割が「家族・親族」、「パートナー」、「友人」の複数人での旅行となっているが、蒲田駅周辺で4名以上が一緒に泊まれる客室は少ない。2名以上が宿泊できる客室はあるが、多くの客室面積は12~13㎡と、旅の疲れを癒すのに十分な広さとは言えない。また、長期滞在するのに十分な設備を備えているホテルも不足しており、家族やカップル向けに十分な面積と設備を備えたホテルのニーズは高いと言える。また、2018年3月8日 大田区は公式ページで訪日外国人の増加にともない区内のホテル・旅館の客室稼働率が上昇しており、今後もさらなる訪日外国人客の増加が見込まれるため、民泊サービスをルール化し、訪日外国人客が滞在できる環境を整備していくことを発表。大田区内でも訪日外国人客にも喜ばれるホテルのニーズは高いと言える。

集客方法

集客方法
OTA(オンライントラベルエージェンシー)
でのプロモーションに注力

海外の主なOTA(オンライントラベルエージェンシー)
Smarter hotel Booking / Booking.com / Expedia / air bnb

株式会社ヤドリギでは今後も暮らすように泊まれるハイブリッド型ホテルの運営施設を増やしていきます。
快適な空間とサービスで長期滞在ができる宿泊施設をネットワーク化した集客サイトも開発・運営していく予定です。OTAに加え独自の集客経路を構築することで、運営している宿泊施設の安定した売上を実現します。

ポジション

集客方法

1.各客室内の客室面積の広さ、設備、デザインの優位性
2.毎日の客室清掃や海外の言語対応など細かなサービスを提供できる優位性
3.海外OTAの活用による訪日客の獲得による客室単価の向上
これらの優位性、施策を活かし、下図のポジショニング狙う

コンセプト

集客方法

※長期滞在者が通常のホテルに求める水準でサービスの提供ができるかがポイント。

暮らすように泊まれるホテル

キッチンなど暮らしの家具が揃っていて、長期滞在にも最適なプライベート空間が確保できる客室。
従来のホテルと民泊の境界線をなくし、良い点を融合させたサービスを提供する宿泊施設を目指します。

スタッフ紹介

  • 代表取締役西村 洋平

  • 取締役COO李 恵玉

  • ティハ ・ 好きな食べ物 : 焼きそば

  • ミン ・ 好きな食べ物 : 天丼

  • ケーシー ・ 好きな食べ物 : 牛丼

  • ビン ・ 好きな食べ物 : うなぎ

  • バル ・ 好きな食べ物 : 焼き肉

  • アン ・ 好きな食べ物 : たこ焼き